2010年09月14日

明日は我が身

社内で展開した事をブログに掲示してみる。

-----------------------------------------------------------------------
2009年に発生したウィルスの数は、ご存知でしょうか?

2009年は、160万種の新種ウィルスが作られました。

今年、2010年は、200万種の新種ウィルスが登場すると予測されています。
これだけの数になると、ウイルス定義ファイルによる検知に限界がきており、検知漏れが発生し易い状況になりつつある、とウィルスベンダーも警鐘を鳴らしております。

我々のような情報技術者は、インターネットで様々な情報を探すため、新種のウィルスへ遭遇する機会が一般人より多いので注意が必要です。


もし、ウィルスバスターなどのウィルス検知ソフトから、何らかの警告が出てきた場合には、ウィルス感染の前兆もしくは、感染の疑いが高いので必ず有識者へ相談しましょう。


最近の攻撃は誰でもよいから情報を搾取する事が主要目的になっています。
“●くら観光”の二の舞にならぬよう「明日は我が身」を忘れずに。。。

※ウィルス・マルウェアの亜種(流用作成されたウィルス)を含めた場合
  2009年は、2億4000万件
  2010年は、上半期だけで 1億2400万件
 となっています。

※掲載の数値については、シマンテック社の発表を流用させて頂きました。
-----------------------------------------------------------------------

「誰でもよいから情報を搾取する事が主要目的」というのは誇張しすぎだった…
攻撃者の狙いは、情報弱者をターゲットとして、クレジットカード情報やアカウント情報の搾取を目的にしているのが正しいだろうな。

“●くら観光”の件はウィルス感染による漏えいではなかったけど、ウィルスの話よりも重要な話だと思うだが、社内では“●くら観光”を対岸の火事として見る人が多い気がするバッド(下向き矢印)

逆説的には、啓蒙する上で非常にやりがいのある職場だもうやだ〜(悲しい顔)
posted by haga_ji at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40702950
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック